読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もふもふ系美少女サイクル

ポケモンのことと日記を書きます

第7世代のメガクチートについて

f:id:mintpoke:20170215135203j:image

こんにちは。

今日はクチートナイト解禁前に第7世代の新環境がメガクチートにどのような影響を与えているのかを予想という形で僕の独断と偏見で挙げてまとめてみようと思います。

僕は先日ソフトを購入したばかりで、第7世代でのレーティングバトルは全くの未経験でいわゆる「エアプレイヤー」という立場で、第6世代での経験と対戦動画などを手がかりに考察します。予め鵜呑みになさらないよう釘を刺しておきます。

 

 

 

 

それではまず第7世代でメガクチートが弱体化された点を指摘します。

①不意打ちの弱体化

②叩き落とすの弱体化

③麻痺の弱体化

Zワザの登場

の4点です。

 

 

①不意打ちの弱体化

威力が80から70に低下しました。メガクチートの不意打ちは読まれやすくただでさえ当てるのが難しいのでこの弱体化は泣きそうです。

しかしもっと泣きそうなのがサイコフィールドの登場です。地面に浮いていないポケモン全てに先制技が無効化されます。不意打ちという技は持っているだけで相手に択を押し付けることができるところに強さがあるのですが撃たれないとわかってしまえばその強さも殺されることになります。メガクチートの強さは不意打ちだけではありませんが確実に悪い影響と言えるでしょう。

サイコフィールドの根源、カプ・テテフは現在、シングルバトルで最も使われているポケモンです。サイコフィールド下でメガクチートが戦うことも少なくはないということが予想されます。

テテフ以外のカプをPTに入れ相手のサイコフィールドを妨害していくというのも一つのテテフ対策になるのでしょうか?

浮いてる相手に対してはサイコフィールド下でも不意打ちが当たるということに注意しましょう。

 

 

 ②叩き落とすの弱体化

これはZクリスタルの登場で補正がかからない確率が上がった、ということです。メガクチートはサブウエポンで叩き落とすを使うことがよくあるので弱体化と言えます。Zクリスタルはメガストーンと違ってどんなポケモンでも持っている可能性があるのでそのあたりも気をつけなくてはいけません。

 

 

③麻痺の弱体化

麻痺状態のポケモンの素早さが1/4になるのが1/2に変わりました。またさまざまなポケモンが覚える電磁波の命中率が100から90に変わりました。メガクチートはSが遅いポケモンなので取り巻きのポケモンに麻痺を撒いてもらうことで一貫させにいくという戦術があるのですが、今まではS無振りだと仮定すると麻痺を撒けばS実値279まで抜けていたのが139までしか抜けなくなってしまいました。もし麻痺で一貫を作りにいくとしたら今まで以上にSに努力値を割かなければいけなくなるので耐久もしくは火力が落ちて弱体化することになります。

他にSを操作して一貫させるという手段の一つとしてトリックルームがあるのでメガクチートメインで使うならばこちらの採用率が増えることが予想されます。

 

 

Zワザの登場

最も大きな悪影響だと思います。

他のメガ進化ポケモンに言えますが特にメガクチートはSが遅くそこそこの耐久力があるポケモンなので、「攻撃を1発耐えてから殴る」が基本の動きになるポケモンです。事実、そこそこの耐久力と威嚇があるためタイプ一致の物理技やタイプ不一致特殊の炎技や地面技は鉢巻眼鏡でもなければ大体1発は耐えることができます。

しかし、Zワザは1回限りですが鉢巻眼鏡クラスの火力を出すことができます。これによってメガクチートが一撃で落とされる可能性が増えます。

メガクチートの強さは「1発耐えて殴る」→「不意打ちで倒す」→「新しく出てきたポケモンに不意打ち」の流れで約1.5匹分持っていくことにあるのですがそれは1発耐える耐久があってのものなのでそれを脅かすZワザは厄介な存在です。

今までは不意の鉢巻眼鏡で弱点突かれてワンパンされても技が固定されるデメリットがあるため裏に地面や炎に有利な積みポケモンの起点にすることでケアができたのですが、そういったケアもZワザには効きません。

ただ、Zワザは1試合に1度しか使えません。クチートを運用する上では特に相手のZワザが撃ってくるタイミングの見極めが重要になってくるのではないかと思います。

 

 

 

 

と、ここまでクチートの弱体化された点を書きましたがクチートにとって嬉しい要素も少なからずあります。

 

 

 

 

f:id:mintpoke:20170215151255p:image

例を挙げると

ファイアローの弱体化

・状態異常系の弱体化

・道連れの弱体化

・鮫肌鉄の棘ゴツメの同士打ち判定の変化

などです。

 

ファイアローの弱体化というのは主にポリゴン2+クチートを1匹で簡単に崩壊できるHDアローの実質的な消滅のことです。疾風の翼の弱体化に伴ってアロー自体が減ってるのでクチートにとっては快適です。

 

状態異常の弱体化は火傷ダメージや混乱の弱体化、フィールドの登場から言えます。火傷ダメージが減ったのでクチートの裏の鬼火の受け先の負担が軽減されます。また熱湯大好きポケモンスイクンが減って、熱湯を使わない良心的な水ポケモンカプ・レヒレが増えているのはいいことです。クチートはSが遅く催眠系にも嵌められやすいポケモンですがエレキフィールドやミストフィールドを駆使することで相手のサイコフィールドを潰しつつ状態異常になるのを無効化することができます。またそういったフィールドが飛び交う環境の中で状態異常系の技を使うのは相手にとって難しくなります。

 

道連れは弱体化されたのでメガゲンガーとのジャンケンも一方的不利にはならなそうです。

 

鮫肌の判定も変わったのでラス1ガブリアスと対面したときなどはもしかしたら第6世代では味わえない第7世代の貴重な勝利を味わえるかもしれません。

 

 

 

 

以上で書きたいことは全て書きました。

いかがでしたでしょうか。今作は特に公式に受験勉強を強制終了させられるなど、クチーターにとって向かい風が多い印象ですがとにかくクチートナイト解禁後どうなっているかが楽しみです。

今回は解禁前の今しか書けないということで「予想」という形で未来の自分へのメッセージという意味も込めてこの記事を書きました。

この記事を見て未来の自分が「実際にはこうだった」とか指摘できたら面白いと思っています。

とにかく解禁してみないとわからないことなので早くメガクチートと一緒にレートに潜りたいです。

 

 

それではこの辺りで締めさせていただきます。

ここまで読んで下さった方々、ありがとうございました!